住宅と言う不動産の歴史

人間が生きていく上で必要なものと言えば、衣食住です。その中でも財産的価値があるのが住の部分です。つまり、住宅です。動かないものですから、不動産とも呼ばれます。人類が土地所有をするようになってから不変の価値があるものです。色々と面白い歴史があるのですが、日本人で最も印象が強いのが不動産バブルです。色々な説があるのですが、1980年代の後半から1990年代初頭に起きたバブルです。不動産バブルと言っても他の物も色々と値上がりしましたので一つだけ極端に値段が上がったわけではないので注意が必要です。株も上がってましたし、それに加えて給料も上がっていたのです。全体としては良いことでしたが、問題は収束させるのが下手だった、ということです。バブルが弾けて経済が一気に悪化したのです。バブルは必ず弾けるものではなく、萎ませることもできるのです。実際にそれが成功したところがあります。経済発展を遂げるとどうしても不動産バブルが起こります。これは仕方のないことです。

Copyright ©All rights reserved.賃貸探しなら駅前の不動産会社.